板橋区立郷土資料館

[ 開館時間 ]9時30分~17時 (入館は16時30分まで)
[ 休日 ]毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始

お知らせ 交通アクセス
年間行事

展示案内
EXHIBIT

戦う~板橋の近代と戦中戦後のくらし~

戦う~板橋の近代と戦中戦後のくらし~

  • 明治から太平洋戦争

    長年におよぶ江戸幕府の鎖国政策によって、我が国は国際社会のなかで大きく取り残され、これを取り戻すべく国策は富国強兵を軸とする戦う国家づくりとなっていきました。

  • 工業の歩み

    明治9年(1876)加賀下屋敷跡(現加賀一~二丁目)に澤太郎左衛門らによって開設された「板橋火薬製造所」は、まさに、この施策の一つの象徴といえます。写真の圧磨機圧輪記念碑はそこで使用されたもので、石神井川の水を動力に用いた水車で動かしました。この火薬製造所の建設に関わった澤太郎左衛門は幕府の御家人で、文久2年(1862)榎本武揚と共にオランダに留学、洋式の火薬製造法を学び、また、ベルギーで圧磨機など火薬製造機具を買い求めた人です。帰国後、火薬製造所の建設にとりかかりますが、幕府が倒れ、彼自身も官軍に抵抗、囚われの身となりますが明治4年保釈され、新政府の板橋火薬製造所建設にかかわりました。

    関東大震災後の昭和3年(1928)には小豆沢に大日本セルロイド社によってフィルム試験場が創設され、同7年に初の国産フィルムが誕生し、日本の写真・映画産業に大きな貢献を果たしました。軍需が高まった昭和20年ごろの板橋区には、約2500もの工場があり、この時、軍事用の光学器の製造携わった技術者たちは、その技術を生かし双眼鏡やカメラを作り出します。こうして、戦後板橋区は軍事産業から平和産業へと転換し、映画用フィルムや映写機、双眼鏡などの光学機器が板橋区の地場産業となっていきました。

  • 日清・日露戦争から太平洋戦争

    日清・日露戦争に勝利を収めた我が国はようやく欧米列強と肩を並べる位置を確保しますが、資源の乏しい日本にとって、これを維持することは至難の業でした。

    そこで精神教育の充実を図り、戦う国民教育を重点施策とし、軍事大国の道を歩き始めました。その結果、昭和12(1937)日中戦争・昭和16年(1941)太平洋戦争へと突入し、ほぼ全世界(ドイツ・イタリアを除く)を相手に戦いを挑むことになってしまったのでした。

    昭和20年(1945)広島・長崎に投下された原子爆弾によって、戦いは終止符をうちますが、この間、国民は父、夫、息子を戦場へ、残された者も空襲の脅威と飢餓にさらされ、苦難の生活を強いられました。

  • 学童疎開

    「近所の遊び友達と泊れるなんてうれしいわね」と、はしゃいでいた私でしたが、死を覚悟して母からの別離の言葉に悲しいというより、泣くような弱虫では頑張れない、下級生の面倒をみる立場であるし、家を守る責任もあると改めて考え直したものでした。<学童疎開の記録当時五年生女児>(板橋区教育百年のあゆみ)

  • 空襲

    区内の空襲は昭和19年(1944)茂呂町(現小茂根)が躍災したのが始まりで、昭和20年(1945)4月12日は区東部(区役所周辺)が焼夷弾により、同年6月10日には上板橋3~5丁目(現、東山、東新町、南常盤台)が爆弾によりそれぞれ区内最大の被害をうけ300余人もの死者を出しました。最後は8月10日志村地域での空襲もあり、多くの人が犠牲になりました。

    板橋区内の被害
    死者 505人
    負傷者 524人
    家屋全壊 1,259戸
    家屋半壊 293戸
    家屋全焼 11,215戸
    罹災者 57,239人
  • 戦後のくらし

    戦火をこえてようやく取り戻した平和。平和は不思議な力をもっています。数年たつうちに、民衆の生活もしだいに一応の回復へむかい、平和を守る戦いの始まりでもありました。あの「りんごの歌」にどんなに元気づけられたことか…戦後の耐乏生活の中から、持ち前の勤勉さにより日本は立ち直り、やがて経済大国の道を歩むことになりました。当初、日本の躍進は諸外国の称賛の的になっていましたが、高度成長を重ねるうちに、その経済力に世界は畏れ、やがて日本に対する非難という側面も出てきました。こうした高度経済成長の中で板橋区に誕生したのが、当時東洋最大と言われたマンモス団地、高島平団地でした。城北の穀倉地帯と言われた赤塚・徳丸田んぼは用水の確保が難しくなったため、農地からの転用がはかられ、昭和38年(1963)日本住宅公団への売却が行われました。そして住宅不足解消のため昭和42年(1967)に団地建設が計画され、同47年から入居が始まりました。入居倍率も一部では3000倍を超え、人口3万人を超える団地が出来上がったのでした。

3つのテーマと
導入展示からなる展示案内

  • 導入展示~板橋の自然・歴史・文化~
  • 生きる~土の中に埋もれた板橋の歴史~
  • 暮らす
			~板橋の中世・近世~
  • 戦う~板橋の近代と戦中戦後のくらし~
  • 特別展・企画展特別展・企画展

  • 交通アクセス交通アクセス